Yokna will make new film as a new comer film maker of 11th CO2.

Yokna Hasegawa was selected to the new comer film maker of 11th CO2,Cineastes Organization Osaka http://co2ex.org.

and make a new film”abyss” in this year.

please give us a lot of supports!
スクリーンショット 2014-09-27 15.24.40CO2(シネアストオーガニゼーション大阪)第11回の助成企画制作者が正式決定いたしました。A枠が黒田将史、長谷川億名、B枠が松本大志。3名の映画にご期待ください!(CO2事務局twitterより)

自分が思う限りで、一番感動する映画を作りたいと思っています。

これからスタッフ、キャスト、予算のことなどで、多くの方々に、お願いする事もあると思うのですが、ご支援、よろしくお願い致します。(ヨクナ)

the trailer of our new film will be broadcasted on Dommune June 23 19:00(Japan time)!

the trailer of our new film will be broadcasted on Dommune June 23 19:00(Japan time)!

Our movie stars,Tommy and Ryo planned this program and invited our film. Thank you so much.Please check it out.

 

新作映画に出演している、トミーとりょう君企画のドミューンの番組内で、映画予告編を放送して頂けることになりました。

<6/23月>19時「Re:DECODE」VOL1〜再魔術化するインターネットとサイバーオカルティズムの現在形 出演:武邑光裕(メディア環境学)バンギ・アブドゥル、谷崎榴美、吉岡健太郎 ライブ:§+§ 

DOMMUNE PROGRAM INFORMATION 2014/06/23 (月) | DOMMUNE(ドミューン)

90年代のカウンターカルチャー、SF、黎明期インターネットの交点に結像した文化現象、いわゆる”New Edge” “New Breed” カルチャーを起点に、2010年代現在を巡る不可視のコンテクストを解読。ポストアセンション的魔術リバイバルとサイバー部族、3.11以降の現実断裂(Reality Divide)、極彩色のポップオカルトアイコン、増殖する「魔女」たち… ハイテクメディア環境を共振させる不可視オカルト振動体のNOW&THEN!!!!!!

かなりコアかつ、これからの時代を生きて行く力になってくれそうな内容です。

ぜひご覧下さい。

 

yokna won the award of Canon new cosmos of Photography 2013

若手写真家の登竜門の一つである、キャノンの2013年度『写真新世紀』にて、長谷川億名が佳作(佐内正史選)を受賞致しました。(YOKNA PATOFA名義)

タイトルは「Ascension River アセンション・リバー」です。

10月26日から11月17日まで、恵比寿の東京都写真美術館にて、受賞者の展覧会が開催されます。是非ご高覧ください。

http://web.canon.jp/scsa/newcosmos/news/2013_result_report/index.html

————–
Yokna Patofa won the Honorable Mention award of Canon new cosmos of Photography 2013(selected by Masafumi Sanai).

The title is “Ascension River”.

Winners works will be exhibited at the New Cosmos of Photography Tokyo Exhibition 2013 at the Tokyo Metropolitan Museum of Photography in late October!

http://www.canon.com/scsa/newcosmos/news/2013_result_report/index.html(Canon web site for global)

Thibaut de Ruyter web site

We would like to introduce the web site of Thibaut de Ruyter.

He is the curator of the exhibition “Ghosts off the shelf” and invited the video”The east is red”(directed by yokna patofa,2007)

Construction,curation,design,critics..there is the chronicle of his works.  beautiful web site.

Thibaut de Ruyter
http://cargocollective.com/thibautderuyter 

and you can also watch “East is red”  on the page of 2012 (look below).
http://cargocollective.com/thibautderuyter#2012-ghosts-off-the-shelf

Please check it out!

ベルリンで2012年に行われた、Ghosts off the Shelf展で”The east is red”(yokna patofa/長谷川億名 監督)という作品を取り上げてくれたキュレーター,Thibautのウェブサイトが出来たようです。

Thibaut de Ruyter
http://cargocollective.com/thibautderuyter 

建築、デザインのほか、ナムジュンパイク賞の展覧会など、彼の活動が年代ごとにまとめられている、シンプルで美しいサイト です。

2012年の活動のページには、何枚かの写真と、yokna patofaのビデオがアップされています。
http://cargocollective.com/thibautderuyter#2012

この展覧会はアナログ/デジタルの変わり目の時代を代表する映像作家を取り上げるということで、

コンセプトもとても面白いものとなっています。

是非ご覧下さい。

オール・ピスト東京2013にて、バリー・ドゥぺ作品上映

 

カナダのアニメーション作家、バリー・ドゥぺの作品”The Colors that Combine to Make White are Important” が日本で上映されます。

オール・ピスト東京、パリのポンピドゥー・センターにより始められた映像アート・フェスティバルの東京版(11カ国からなる23の映画)

マルグリット・デュラスの回顧上映もあるらしい。

 

オール・ピスト東京2013

日時 2013年6月7日〜16日 場所 アンスティチュ・フランセ東京(飯田橋)、 アップリンク・ファクトリー(渋谷)
http://www.horspistestokyo.com/

 

KID FRESINO(Fla$h8cks)『Horseman’s Scheme』

 

 

KID FRESINO(Fla$h8cks)5/22発売のファースト・ソロアルバム『Horseman’s Scheme』T shirtsセットをお買い上げの場合、yokna patofa撮影の写真がプリントされています。(+1000円)アルバムはとてもdeepです。是非一度、聴いて頂けたらと思います。

Kid Fresino’s first solo album “Horseman’s Scheme”  will be launched on 22.May.He is so cool boy,and so expected as fresh hero in Japanese hip hop scene(his group,Fla$h8cks as well). But this album is deep and dirty..anyway he is so interesting guy,youngest but not only young(he is born in 1993).Please check it out!
and,if you choose the set with printed T-shirt ,you can get the photo of yokna patofa too.(+1000 yen) Please don’t miss it!

new museum online exhibition

special online New Museum exhibit 3D-Forms with a excerpt from barry’s works, in-museum screening to come!

New museumのウェブサイト で、infomental vol1参加アーティスト、バリー・ドゥぺの作品がオンライン展示されます。

元は、Casey Jane Ellisonの”Aboveground”というアニメーションビデオのコレクションがあり、そこからNew museum用に選ばれた様です。

「ピクサーやアダルトスイムや、これまでのゲームの中のアバターを超え、彼らの仕事は3Dによる人間のあり方の可能性を探究している。

彼らの作品の中の現実離れした人物たちは、他者との親密さを強く求めたり、将来に不確かさを感じたりといった、個人的な歴史や感情から孵化する。」

 

“new museum”

http://www.newmuseum.org/exhibitions/view/aboveground-animation-3d-form

“aboveground animation”

http://newmuseum.abovegroundanimation.com/

 

この機会に、最先端のアニメーション、デジタルアートを、是非ご覧ください。